6/23NEW!! 管理人が決まりました!

寒くなってくる季節にはどのような対策・準備をしたらよいか?

寒さ対策ってどのようなことをしたら良いか分かりますか。

かんたんにできる家の中の寒さ対策があるんです。

  • 窓まわりのすきま風対策を教えて
  • 部屋の床が温まる方法は?

これからの寒さに向かって対策をしようとした際、上記のような疑問を持つ方がいらっしゃるかもしれません。

今回この記事では、「家の中の寒さ対策」についてまとめました。

冬になる前にしっかりと寒さ対策をする参考にしてください。

お部屋の寒さ対策と原因は?窓周りからの熱が一番放出されている!

どこからどのくらいの熱が逃げ出しているのでしょうか。

  • 窓まわり⇒58%
  • 壁⇒15%
  • 換気⇒15%
  • 床⇒7%
  • 屋根⇒5%

上記の結果から、断トツに窓まわりからの熱放出が大きくなっています。

窓まわりの対策をするだけでも、お部屋の中が暖かくなりそうです。

<カーテンを使用>

窓から熱が逃げるのを遮断することが重要です。

カーテンにはさまざまな種類があり、遮光カーテンのように気密性や断熱性の高いものを選びましょう。

丈は窓枠より長くすると効果的です。

冷気の侵入を防ぎます。

・カーテンくれない 1級遮光カーテン 2枚組(幅100cm✕丈178cm)

・あったかカーテン間仕切り用 (100cm✕260cm)

・カーテンくれない リビング階段や玄関用 (90cm✕240cm)

<窓の断熱用のバブルシートを貼る>

窓の汚れを落として、このバブルシート(荷物の梱包に使用するプチプチ)を窓の大きさに合わせて貼ります。

暖房を切った後でもホワッと暖かいので、効果が実感しやすいです。

開閉しない窓なら、窓枠を含めて全体を覆うとより効果が出ます。

・ニトムズ 窓ガラス 断熱シート 90cm✕180cm  2枚入れ

・ローヤル火星 窓ガラス用 防寒シート 90cm✕180cm 1枚入れ✕4セット )

<窓用すきま風テープを貼る>

すきま風用テープには、さまざまな材質で作られているものがあります。

防音効果や防水効果なども考えて使い分けると良いでしょう。

・スポンジ状のウレタン製

・気密性の高いゴム製

・柔らかい起毛素材のモヘヤテープ

・スキマテープ クッションテープ 厚さ5mm✕幅10mm✕長さ2m(2本入り)

・すき間モヘヤシール 幅9mm✕高さ9mm✕長さ2m 

created by Rinker
槌屋ティスコ(Tsuchiya Tsco)
¥432 (2022/12/08 20:18:43時点 Amazon調べ-詳細)

・すき間テープ ゴムスポンジ 約6m 

お部屋の中で床が冷える際にはどのような対策が必要なのか?

暖房をつけているのに床が冷たいというのは、コールドドラフト現象と言います。

暖まったお部屋の空気が冷たい窓ガラスに触れて冷やされ、冷たい空気が下へ下へと床に降りてくる現象です。

大きな窓があるお部屋やカーテンを取り付けていない窓があるお部屋に起こりやすくなります。

<床を暖かくする方法>

・カーペットやラグを敷く

カーペットやラグの繊維には空気が多く含まれているので、断熱性が高く冷えを感じにくくなります。

・ラグマット シャギー 毛足35mm 2畳 

・コルクマットを敷く

コルクは断熱性や保温性に優れた素材なので、床に敷くと暖房効果が上がります。

・コルクマット 45cmタイプ 48枚6畳セット 

・サーキュレーターを設置

サーキュレーターを窓に向かって回し続けると、窓まわりの空気が分散されコールドドラフト現象の影響を受けにくくします。

・サーキュレーター リモコンタイマー付き 

・床下に遮熱シートの施工

遮熱シートとはアルミ箔でできたシートなのです。

床下に遮熱シートを施工すると、熱を室内側に反射するので暖かくなります。

まとめ:寒くなる前にさまざまな場所を点検してみよう!

お部屋が暖まらない原因は追求できたでしょうか。

それぞれにあった対策を施して、今年は暖かいお部屋で快適に過ごしたいものです。

寒さ対策は早めに行いましょう。

管理人のプロフィールは こちら

更新情報が閲覧できます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村