6/23NEW!! 管理人が決まりました!

赤ちゃんの鼻水が不安なあなたへ!吸引のおすすめ方法や器具をご紹介

赤ちゃんの鼻の粘膜は薄くて敏感なため、ちょっとした気候や空気の変化で鼻水が出てしまうことがあります。

初めての子育ての場合、鼻水が出ているだけで「風邪を引いたのだろうか」と心配になるお母さんもいらっしゃると思いますが、赤ちゃんは鼻水が出やすいので焦る必要はありません。

鼻水の状態が赤ちゃんの健康状態を知るバロメーターとなるので、まずは…

  • 鼻水がどれくらい出ているのか?
  • 咳を伴っているのか。
  • 鼻水の色は何色なのか。

などをチェックし、落ち着いて対処するようにしましょう。

とはいっても、赤ちゃんが苦しそうにしているのは、見ていてお母さんとしては忍びないもの。

鼻水は、肌荒れの原因になるだけでなく副鼻腔炎や中耳炎を引き起こすこともあるので、どうにかしてあげたいと思われることでしょう。

そこで今回は、「赤ちゃんの鼻水どうしたらよい?」という質問にお答えし、赤ちゃんの鼻水の最も有力な対処法である「鼻水吸引器」を紹介したいと思います。

赤ちゃんの鼻水が気になる!病院へ行くときタイミングって!?

前述のとおり、赤ちゃんは鼻水が出やすいため、風邪の症状が見られないようであれば病院に行く必要はないといえるでしょう。

赤ちゃんの鼻水が酷い時は、耳鼻咽喉科で吸引してもらうこともできますが、耳鼻咽喉科の吸引器は吸引力が強すぎて赤ちゃんの鼻の粘膜が傷ついてしまうことも…。

また、鼻水が出ているだけで病院に連れて行くのはちょっと抵抗が…ということもあるでしょう。

特に悪性ウィルスが出回っている季節は不要な病院通いは避けた方が良いため、できるだけ自宅で対処してあげることをおすすめします。

なお、小児科では鼻水の吸引は行ってもらえません。風邪の症状が見られないようであれば行く必要はないといえるでしょう。

赤ちゃんの鼻水にオススメ!手軽に購入できる吸入器を活用してみよう!

小さい頃、お母さんに鼻水を吸ってもらった経験がある方はいらっしゃいますか?

私が子供の頃は今のように吸引器などがなかったため、直接母が鼻に口をつけ、鼻水を吸い出してくれていたものでした。

しかし昨今は、「鼻水吸引器」という便利なアイテムが販売されるようになりました。

しかも電動式、チューブ式、ポンプ式と、様々な種類がラインナップされており、その使い勝手の良さもどんどん改良されています。

ぜひこれらの吸引器を活用し、少しでも早く赤ちゃんが楽になれるようにしてあげましょう。

なお、吸引器の利用はお風呂後がおすすめ。

蒸気で鼻どおりが良くなっているだけでなく、赤ちゃんの機嫌が良いため、無理なく吸引してあげることができます。

赤ちゃんの鼻水に使いたい!吸引器でおすすめのアイテムベスト5

それでは、おススメの吸引器ベスト5をご紹介しましょう。

1位:「ELENOA 電動鼻水吸入器」

高価なため、なかなか手が出ない電動鼻水吸引器。

コンセント式で少し大型ではありますが、吸引力が一定で強く、鼻水が確実に吸い取れることで好評なのがこの製品です。

小児科や耳鼻咽喉科の先生の意見を採用して設計したとされ、耳鼻咽喉科の吸引器レベルの吸引力を実現。

痰の吸引まで可能としています。

2位:「電動鼻水吸入器ベビースマイルS-303ロングノズルボンジュール付セット」

こちらはハンディタイプの電動鼻水吸引器。手で持って使えるタイプの電動設計となっています。

口で吸うタイプの吸引器より吸引力が高いこと。コンセント型ではなく電池式なので持ち運びが楽なこと。

2つのタイプの良いところを併せ持った製品として人気があります。

3位:「丹平製薬 ママ鼻水トッテ」

1,000円以下で購入でき、ドラックストアなどで簡単に購入できることから、圧倒的な支持率を誇っているこの製品。

チューブ式の鼻水吸引器となっており、お母さんがチューブの先に口を当て吸い上げることで鼻水の吸引を行います。

赤ちゃんとお母さんの信頼関係を感じられるのも、この製品の良さの一つでもあります。

4位:「ピジョンドクターはな吸い器」

ポンプ式の鼻水吸引器です。大手メーカー製なので比較的安心して使える部分も大きいです。

電動式やチューブ式を怖がるお子さんにも比較的受け入れてもらいやすいのがこの製品の特長。

ポンプを押すだけで簡単に赤ちゃんの鼻水を吸い上げることができるので、子育てが初めてのお母さんでも簡単。

持ち運びがしやすいのも人気の一つです。

5位:「チュチュベビー 鼻吸い器」

同じくポンプ式の鼻吸い器。片手で簡単に連続吸引ができるのが人気の製品です。

ポンプ式の良さはお母さんと赤ちゃんの距離感が近いこと。

そして「口で吸うのは抵抗がある」というお母さんでも使い勝手が良い点だといえるでしょう。

まとめ:赤ちゃんの鼻水は早めに対処しよう!吸引が必要なタイミングを知ろう

以上、赤ちゃんの鼻水の吸引について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんは鼻水が出やすいもの。

鼻水が出続けると肌荒れを起こしたり、副鼻腔炎の原因にもなるため、早めの対処が重要です。

吸引器を活用し、赤ちゃんが少しでも楽になるようにしてあげるようにしましょう。

https://i2.wp.com/pick-a-pebble.com/wp-content/uploads/2019/06/0c88bc2aed58a40f3e8dba4a197c5007.jpg?w=880
小石ちゃん

こういうのって、電動とかの高いものは赤ちゃんが大きくなって使わなくなったらどんどん譲ってあげたほうがいいんじゃないかなーって思う。

管理人のプロフィールは こちら

更新情報が閲覧できます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村