6/23NEW!! 管理人が決まりました!

母子家庭の生活費に困ってます…どこを見直したらいい?制度や節約術

今回は以下の内容で構成されています。

  • 母子家庭の生活費
  • 母子家庭または父子家庭が利用できる支援制度

母子家庭で生活が苦しい時に借金をせずに乗り切る方法についてお伝えします。

支援する制度!母子家庭で生活が苦しい時、借金をせずに乗り切る

母子家庭(シングルマザー)が利用できる支援制度を調べてみました。

特徴と一緒に、リストしておきます。

  • 児童扶養手当

児童扶養手当は、国が支給を行っている制度です。

母子家庭または父子家庭が対象となっています。

児童扶養手当の申請窓口は、各自治体によって名称が異なります。

  • 母子家庭の住宅手当

母子家庭の住宅手当は、市区町村独自の制度です。

したがって、制度のない市区町村もあります。

  • 母子家庭(ひとり親家庭)の医療費助成制度

母子家庭(ひとり親家庭)の医療費助成制度の助成内容は、市区町村によって異なります。

  • こども医療費助成

こども医療費助成は、市区町村によって対象が異なります。

  • 生活保護

国が最低限度の生活を保障しながら、本人が自立することを目的とした制度です。

  • 母子家庭の遺族年金

こちらは、夫もしくは妻が死亡した場合に受取れる年金のことです。

加入している年金の種類によって、受け取れる金額は異なります。

  • 児童育成手当

児童育成手当は、18歳までの児童を扶養する母子家庭が対象です。

各市町村によって、受給の制限が異なります。

母子家庭は何でも利用しよう!生活を見直して未来を変える

お伝えしたように、児童扶養手当を始めとして支援制度は用意されています。

ただし支援制度は自分から申請しないと利用できません。

また住んでいる自治体によって制度の内容も異なりますので、各自治体の窓口での相談が必要となります。

遠慮せずに、受けられる公的支援は積極的に利用しましょう。

母子家庭の生活の見直しについて

生活費の中でも、住居費は一番大きく節約することができます。

まだ公営住宅に住んでいないのであれば、ぜひ検討してください。

民間の賃貸が6万円以上だとして、公営住宅は2万円台です。

町・自治会費や駐車場代を含めても、3万円以内で抑えることが可能です。

月々3万円の差は、他の生活費の節約で捻出するのは難しいですよね。

住居費を抑えることは、生活の見直しには必須です。

可能なら実家に住む、あるいは兄弟姉妹のところに住まわせてもらうことも考えてください。

シングルマザーの為のシェアハウスも増えているので、不動産関係の情報をチェックしてみましょう。

まとめ

お児童扶養手当を始めとした支援制度は、様々な形で用意されています。

ただし支援制度は自分から申請しないと利用することができません。

遠慮せずに、受けられる公的支援は積極的に利用しましょう。

管理人より

https://i2.wp.com/pick-a-pebble.com/wp-content/uploads/2019/06/663c108e39812a4fb7784283439ff6c2.jpg?w=880
小石ちゃん

お金の話は難しい…。

管理人のプロフィールは こちら

更新情報が閲覧できます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村