6/23NEW!! 管理人が決まりました!

旬の野菜をたくさん食べて栄養補給を!季節ごとの野菜と効能

季節のお野菜には、栄養と美味しさがいっぱい詰まっています。

夏野菜にはどんなメリットがあるのでしょうか。

  1. 旬野菜の栄養と効果が知りたい
  2. 旬の野菜がおいしい理由って何?
  3. 夏野菜の美味しい調理方法を教えて

価格の安い旬野菜を食材に使おうと思った際に、上記のような疑問を持たれる方がいらっしゃると思います。

今回この記事では、「旬の野菜を美味しく食べて健康を」と題してまとめました。

どうぞ参考にお読みください。

旬の野菜はどんな栄養と効能があるのか?旬野菜がおいしい理由とは

野菜のとは、野菜が一番おいしく食べられる時期のことです。

おいしいだけではなく栄養価にも富んでいて、価格も安くなっているのでお買い求めやすくなります。

栄養が豊富でお手頃な野菜を食べるのは、家計にも大助かりです。

<代表的な季節の野菜>

キャベツ・アスパラガス・セロリ・スナップエンドウ・クレソン・たけのこ・そら豆・さやえんどう・たけのこ・菜の花・三つ葉
レタス・トマト・きゅうり・ピーマン・かぼちゃ・なす・ゴーヤ・とうもろこし・ズッキーニ
しいたけ・にんじん・じゃがいも・玉ねぎ・ぶなしめじ・まいたけ・ごぼう・さつまいも・さといも
かぶ・れんこん・春菊・長ネギ・白菜・大根・ブロッコリー・ほうれん草・水菜・小松菜

<春野菜の効能>

春野菜には多くのビタミン類が含まれていて、新陳代謝を促進し疲労回復に効果的です。

苦味成分を含むものが多く、肝臓の働きを助け解毒作用があります。

名前に新〇〇とか春〇〇とつく野菜は旬野菜です。

<夏野菜>

夏野菜には水分やカリウムを含むものが多く、体にこもった熱を放出させる効果があります。

生のままで食べられるものばかりで、かんたんに栄養補給をできるのが夏野菜の長所です。

食欲が落ちる暑い季節にカラフルな野菜は、食欲を刺激してくれます。

<秋野菜>

秋野菜にはエネルギー源になるでんぷん質を含むいも類が多く、体を温める陽性野菜が豊富です。

夏の暑さで疲れた体を回復させたり、寒さに向かって体力を蓄える働きがあります。

<冬野菜>

冬野菜は寒さで凍ることがないよう細胞に糖を蓄積するので、糖度の高い野菜が多いです。

体を温めて冷えを取り除く野菜が多いため、冷え込む際に食べていると最適ですね。

ビタミンCが豊富な野菜も多く、風邪予防にも効果的です。

暑い夏には夏野菜を使って美味しく涼もう!かんたん料理のご紹介

夏に旬の野菜は、太陽の光をたっぷり浴びて元気をもらえそうです。

そのまま食べてもおいしいですが、一手間加えて美味しく味わってみましょう。

<夏野菜の揚げ浸し>

・材料(2人分)

ナス 2本

ズッキーニ 1本

パプリカ(赤・黃) 1個ずつ

さやいんげん 6~8本

ミニトマト 4~5個

めんつゆ(ストレート) 300cc

酢 小さじ2杯

青じそ 適量

・作り方

1.ナスは乱切り、ズッキーニは輪切り、パプリカはくし切り、さやいんげんはタテ半分に切っておく。

2.揚げ油を中温に熱して、カットした野菜を入れて揚げる。ミニトマトは数秒油に通すだけで良い。

3.ボウルにめんつゆとつゆ、酢を入れて混ぜ合わせる。

揚げた野菜をボールにつゆの中に漬け込む。

4.そのままお皿に並べても、茹でた素麺の上に載せて(つゆもかける)も良い。

・めんつゆ 

created by Rinker
揖保乃糸
¥1,198 (2022/10/01 11:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

・酢 

created by Rinker
内堀醸造
¥540 (2022/10/01 11:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

<夏野菜のピクルス>

・材料

酢 250cc

水 250cc

酒 80cc

にんにく 1片

ローリエ 1枚

鷹の爪 1本

ブラックペッパー ふたつかみ

砂糖 60g

塩 小さじ1杯

きゅうり 1本

にんじん 1/2本

セロリ 1/2本

パプリカ 1/3個

みょうが 2個

ミニトマト 4個

玉ねぎ 1/2個

・作り方

1.にんにくは皮をむき包丁でつぶす。鷹の爪は種を除いて輪切りにする。

2.酢と水、酒とにんにく、ローリエと鷹の爪、ブラックペッパーを鍋に入れて火にかける。

3.煮立ったら砂糖と塩を加えて溶かす。

4.中弱火で15分ほど加熱してアルコールと酸味を飛ばし、火を止めて冷やす。

5.冷やしている間に、ミニトマトは湯むきをする。

6.きゅうりと人参、セロリは長さを合わせるようにしてスティック状に切る。パプリカは1cm幅、みょうがは縦半分に玉ねぎはくし切りにする。

7.液の粗熱が取れたら保存用袋かタッパーに入れる。カットした野菜も液の中に入れて冷蔵庫で一晩寝かせる。

<トマトとオクラのマリネ>

・材料(4人分)

トマト 400g

オクラ 6本

玉ねぎ 1/8個

そばつゆ 大さじ2杯

オリーブオイル 小さじ1杯

・作り方

1.オクラはサッと茹で、縦半分切りにする。

2.トマトはくし切りからさらに半分切りにする。

3.玉ねぎはミジン切りにしてサッと洗い絞っておく。

4.ボウルにつゆとオリーブオイルを入れて混ぜ合わせる。

5.容器に野菜を入れ、つゆをかけてできあがり。

・オリーブオイル 

まとめ:栄養満点の旬野菜を食べて暑い夏や寒い冬を乗り切ろう!

おいしい旬の野菜にはさまざまな栄養がいっぱいです。

その季節にあった特徴を備えています。

季節ごとに今の旬は何があるのか考えてお料理するのも楽しいですよ。

旬のものは安くなっているので、家計にも体にも優しいです。

管理人のプロフィールは こちら

更新情報が閲覧できます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村